音 絵 巻

音絵巻とは

歴史物語を音楽と映像で表現する歌枕直美の新しい創作芸術「歌と語りの一人舞台」です。
また日本建築を会場とし、その空間を活かした舞台作りが特徴です。設置したハイビジョン画面からの映像は、日本建築の佇まいと融合し襖絵の様に浮かび上がり幽玄の世界へと誘います。

 

アンコール公演

 

歌枕直美  歌と語りの一人舞台『音絵巻』
平家物語より「熊野」ー東の国の歌姫ー 「敦盛」ー音楽の貴公子ー

 

 

 

 

 


歌枕の“より心に響く音の世界”への思いにより、「歌絵巻」より「音絵巻」に改名しての再演です。
 

脚本・総監督

菅沼登

出演・音楽

歌枕直美

日時

9月22日(土)23日(日)14:00開演(13:30開場)

場所

河内国一之宮 枚岡神社 斎館

大阪府東大阪市出雲井町7-16

入場料

一般3,800円(前売3,500円)学生2,800円(2,500円)歌枕直美友の会会員3,000円

 


作品紹介

平家物語 「熊野」「敦盛」