音絵巻 作品紹介

「うつそみの人ー細川ガラシャー 」~魂の故郷を求めて~
脚本:菅沼 登
音楽:歌枕 直美
上演時間:75分
 
 

 
 
  
本能寺の変が、父・明智光秀と夫・細川忠興の仲を引き裂き、謀反人の娘として人格を否定されたガラシャは、行き場のない魂の救いを求めて、キリシタンの教えに出会う。
関ヶ原の戦いの直前、夫の留守中 ガラシャを虜にしようと迫る敵を目の前にして、人質となって生き延びるか、それとも名誉の死か、人生の中でただ一度自らの意思で選んだ道。
 

― 公演予定 ―
― 公演実績 ―