音絵巻 作品紹介

「敦盛
ー音楽の貴公子ー
脚本:菅沼 登
音楽:歌枕 直美・綱澤 僚
上演時間:50分
 
 

 
 
  
ーあらすじー
~篳篥は別離の悲しみを伝える~
平氏といえど傍流の出のため、立身出世より音楽の道を極めることを目指した敦盛であったが、時代はその夢を打ち砕き、一ノ谷の露と消えた。ところが敦盛との出会いが、敵将・熊谷の心を動かし、その人生を大きく変えた。例え短い人生であっても、その想いが受け継がれて行く。